2014年08月30日

海上保安庁の新型ジェット機

海上保安庁も概算要求の中で新型ジェット機を導入する模様

尖閣諸島で24時間監視できる体制を整えるために3機の導入を予定しており,今年度は59.1億円の予算が付いている。
就役は平成30年度(2018年)に1機,平成31年度(2019年)に2機の予定で,今の所機種は不明。

3機とも導入目的が尖閣対応だけに石垣か那覇のどちらかに配備されることになるなるかと。
機種は監視の事を考えるとミドルクラスのビジネスジェット,Falcon2000辺り?

個人的にはこれこそ無人機の仕事だと思うんだがなぁ・・・


タグ:海上保安庁
posted by minuteman3 at 2014年08月30日 05:23 | Comment(0) | Military News | 編集

2014年08月30日

平成27年度予算概算要求

恒例の来年度予算概算要求,例によって装備品メインの記事でございます^^;
我が国の防衛と予算−平成27年度概算要求の概要−(PDF:4.3MB)

航空自衛隊
新規購入はF-35A×6機,UH-60J×2機
F-15の近代化改修×8機,F-2の空対空戦闘能力向上部品を×9式,F-2へのJDCS(F)搭載改修×2機
E-767の能力向上用の部品購入1式(昨年同様4機を能力向上させるための部品の一部)
C-130への空中給油機能付加用の部品を1式
新早期警戒(管制)機と滞空型無人機は機種選定中・機数不明ながら導入する模様(無人機の方はRQ-4でほぼ決まりかと)

その他
・第83航空隊を廃止し第9航空団(仮称)を新編
→那覇基地に移駐するのは304SQと公式に発表(今まで報道や専門誌の記事のみで公式には公表してなかったはず・・・)

海上自衛隊
イージスシステム搭載護衛艦×1隻(船は1隻,システムは2隻分)
潜水艦×1隻(そうりゅう型11番艦,蓄電池が鉛蓄電池からリチウムイオン電池へ変更)
護衛艦・潜水艦・補給艦・輸送艦・LCACの艦齢延伸工事や機能向上用部品の取得が多数
航空機はP-1×20機(一括契約で4年に分けて各年度5機の納入,各年度毎に5機の契約をするよりコスト削減になる模様)
SH-60K×5機,SH-60Jの機齢延伸×2機,P-3Cの機齢延伸×3機
P-3Cの搭載レーダー及び赤外線探知装置の能力向上がそれぞれ×4式づつ

その他
・新たな護衛艦の調査研究
→多任務への対応とコンパクトな船体を両立する護衛艦の研究で,おそらくはあぶくま型護衛艦の後継になるかと

・水陸両用作戦における指揮統制・大規模輸送・航空運用能力を兼ね備えた多機能艦艇のあり方について検討するための海外調査
→要は強襲揚陸艦の導入に向けて海外で色々視ると(必要かどうかは別として)^^;

・艦載型無人機の運用要領の調査
→運用マニュアルの整備・・・ですかね(今年もイメージ図はMQ-8)

陸上自衛隊
10式戦車×13両,99式自走155o榴弾砲×6両,軽装甲機動車×40両,96式装輪装甲車×8両,NBC偵察車×1両
水陸両用車は車種検証中
その他火器,誘導弾は例年通り減耗補填や更新,まとめ買いなどで多数の調達
航空機はCH-47Jの勢力維持改修×3機分とオスプレイ機種選定中のティルト・ローター機

その他
・新除染セットの取得
→施設内や精密機材・歩行不能者等も除染できるように機能が追加され除染能力が強化された物

・双腕作業機の取得
→大規模災害時に瓦礫除去や人命救助に使う双腕作業機を2両取得し対応能力を検証
日立建機のASTACOですね^^;

・陸上総隊の新編に係る準備
→航空総隊/自衛艦隊に相当する陸自の全国的統一司令部を新編するにあたって司令部庁舎の整備や準備室の設置
中央即応集団が廃止され,隷下部隊は陸上総隊に移る模様

---------------------------------------------------------------------------------------------------
その他装備品等で新規開発や導入する物

・新哨戒ヘリコプターの開発
→60Jの後継と言う事になるのだろうか・・・EHもNHもダメダメの噂で国産に変更?どうするのやら^^;

・新多用途ヘリコプターの開発
→結局海外機を国内企業が防衛省向けに手を入れて納入することになりそう
報道されていたのはFHIとBellのBell412,三井物産とアグスタのAW169,KHIとエアバスヘリコプタの新機種だったはず

・新たな護衛艦用レーダシステムの研究
→対空/対水上の各種レーダアンテナの共用化・小型化を図り各種センサと連携し性能を向上させたシステムの研究
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2014年08月30日 04:23 | Comment(0) | Military News | 編集

2014年02月26日

平成26年度予算(案)

今更感満載の防衛省平成26年度予算(案)←年末に下書きだけして完全に忘れてた^^;

航空自衛隊
新規購入はF-35A×4機,UH-60J×3機とC-2は1機減らされ2機の調達
F-15は近代化改修×12機とNight Vision Goggle搭載改修の1機分は要求通りだったが,自己防御能力向上改修はゼロに
F-2の各改修とE-767の改修も予算額で変更があるものの数量的には要求通り

海上自衛隊
艦船関連は予算額で変更があるものの数量的には変わらず要求通りの調達
航空機はP-1の調達が要求より1機減の3機となった他は要求通りの数量が予算化

陸上自衛隊
10式戦車×13両,99式自走155o榴弾砲×6両,NBC偵察車×1両は要求通りの数量を調達
軽装甲機動車×30両(-34両),96式装輪装甲車×8両(-13両),87式偵察警戒車は調達ゼロへ
航空機はLR-2の要求が通らずゼロに,
UH-60JA×1機とCH-47JA×2機もゼロだが,25年度補正予算で同じ数量を調達することとなったので実質は変更無し
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2014年02月26日 02:00 | Comment(0) | Military News | 編集

2013年12月19日

中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)

今日公表の中期防衛力整備計画から
・陸上配備の航空救難機能を航空自衛隊への一元化に向けた体制整備に着手
救難部隊統合の話は何年も前から出ていた記憶があるが,やっと動き出すと言う事だろう
海自航空基地に空自救難隊が配置,6個救難隊の新編と言う事になるんだろうか・・・

・F-35は更に増える?
当然の流れだと思うが,F-15 Pre MSIP型の後継もF-35になると言う話
中期防では機種名を挙げてはいないもののF-35を念頭に置いたかのような書き方をしており
F-4後継分として決まっている42機から何機上積みするかは不明だが
近代化改修機を装備しないF-15部隊が3個は出来るのでその分だけでも最低60機程度上積み?
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2013年12月19日 00:09 | Comment(2) | Military News | 編集

2013年12月12日

平成25年度補正予算案(防衛省所管)

今日公表になった防衛省所管の平成25年度補正予算案


・自衛隊の災害対処能力の向上
CH-47JA×2とUH-60JA×1の調達,資材運搬車や人員探知レーダの整備を実施

・自衛隊の安定的な運用体勢の確保
輸送防護車なる6×6の車両を整備する模様,米軍が使うMRAPの人員輸送車仕様っぽい車がイメージとして載っているが・・・
それ以外はF-15のレーダー用部品の取得と住宅の防音工事への助成

・自衛隊の活動経費等
原油価格高等により不足する燃料費の追加と南スーダン及び海賊対処の派遣延長に対する活動経費
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2013年12月12日 19:22 | Comment(0) | Military News | 編集

2013年08月31日

平成26年度予算概算要求

毎年恒例の来年度予算概算要求公表
装備品メインで・・・我が国の防衛と予算−平成26年度概算要求の概要−(PDF:4.0MB)

航空自衛隊
新規購入はF-35A×4機,C-2×3機とUH-60J×3機
F-15の近代化改修×12機,同じくF-15の自己防御能力向上が1機,そしてF-15へのNight Vision Goggle搭載改修が1機
F-2の空対空戦闘能力向上×12機(+部品を×30式)とJDAM機能追加×4機,ターゲティング・ポッドの搭載試改修×1機
E-767の能力向上用の部品購入1式(昨年同様4機を能力向上させるための部品の一部)

その他
・新たな早期警戒機の導入に向けた性能・運用方法の検討
→E-2Cの後継機の選定で737AEW&CかE-2Dの2択・・・^^;
・警戒航空隊の改編
→南西地域での警戒監視能力向上のためE-2C装備「第2飛行警戒監視隊(仮称)」の整備

海上自衛隊
護衛艦×1隻,潜水艦×1隻(そうりゅう型10番艦),掃海艦×1隻,潜水艦救難艦×1隻(【ちよだ】後継艦)
護衛艦・潜水艦・補給艦・LCACの艦齢延伸工事や機能向上用部品の取得が多数
航空機はP-1×4機,SH-60K×4機,TH-135×2機の新規購入,
SH-60Jの機齢延伸×2機,P-3Cの機齢延伸×3機とP-3Cの搭載レーダー及び赤外線探知装置の能力向上がそれぞれ×4式づつ

その他
・艦載型無人航空機と海上自衛隊艦艇との適合性等に関する調査研究
→イメージ図は明らかにMQ-8

陸上自衛隊
10式戦車×13両,99式自走155o榴弾砲×6両,軽装甲機動車×64両,
96式装輪装甲車×21両,87式偵察警戒車×1両,NBC偵察車×1両
その他火器,誘導弾は例年通り減耗補填や更新,まとめ買いなどで多数の調達
航空機はUH-60JA×1機,CH-47JA×2機,LR-2×1機の新規購入とCH-47Jの勢力維持改修×1機分

その他
・水陸両用車の参考品購入
→今年度はAAV7(人員輸送型)4両を購入しているが,来年度は指揮通信型と回収車型を1両づつ追加購入

---------------------------------------------------------------------------------------------------
その他装備品等で新規開発や導入する物
・装輪走行車(改)の開発
→「96式装輪装甲車の後継で被輸送性や機動性(悪路走行能力を含む)を有し、防護力等の向上を図った車両」だとか

PLSトラック(10t)の取得
→主として海外での国際貢献活動に使われる物で,20ftコンテナやNATO標準フラットラックのそのまま搭載できる10tトラック
実は先日の総火演で自分が停めた駐車場に20ftコンテナ改造のトイレが設置されていた,
(使ってる人がいたので流石に写真を撮るのは控えたが,銘板やらを見る限り同系統のものが何種類か存在している雰囲気^^;)
今後は20ftコンテナ改造の後方装備も増えてくるのだろうか・・・

年明けに正式な予算案になったらまた記事を書くはず^^;
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2013年08月31日 02:09 | Comment(2) | Military News | 編集

2013年01月29日

平成25年度予算(案)

お約束の25年度予算(案)+24年度補正予算
いつものように装備品関係を中心に・・・我が国の防衛と予算−平成25年度予算案の概要−(PDF:3.3MB)

航空自衛隊
航空機新規購入はF-35A×2のみに,概算要求でのUH-60J×2は補正予算での調達になり本予算での要求はゼロ
F-15の近代化改修は本予算での6機分は概算要求から変更は無く+補正予算で4機分が追加
同じくF-15の自己防御能力向上は1機増の2機分だが,補正予算での調達になりUH-60同様本予算ではゼロ
F-2の空対空戦闘能力向上×12機分とJDAM機能追加×11機分は変更無し
E-767の能力向上用の部品購入1式分も変更無し(1機分ではなく4機分の一部だとか,同じ部品を4セットという事だろうか)

海上自衛隊
艦船関係は若干予算額での増減はあるものの調達数量的には変更無し
航空機はP-1×2,,US-2×1,T-5とTH-135が3機づつ新造とSH-60JとP-3Cの機齢延伸各2機分は概算要求から変わらず,
SH-60K×3,MCH-101×2は補正予算での調達になり本予算ではゼロ

陸上自衛隊
概算より変更があったのは10式戦車×14(-2両),99式自走155o榴弾砲×6(-2両),96式装輪装甲車×11(-2両),
軽装甲機動車×44,87式偵察警戒車×1,NBC偵察車×2は増減無し
航空機はUH-60JA,AH-64Dは変更無しだがUH-60JAに関しては補正予算で1機追加されている
CH-47JA×1は補正予算での調達になり本予算ではゼロ

そのほか一部装備品で25年度予算から24年度補正に組み込まれた物も若干あり

その他予算関連
・東日本大震災復興特別会計でF-2B×7機分の追加修復
F-2に関しては小野寺防衛大臣が1/22に松島基地を視察した後の記者会見
「27年度を目途に整備を完成させて、また新たな航空隊としてしっかり訓練を含めた活動に資していきたい」
と発言している

・F-35Aを三沢基地へ配備するための教育訓練施設整備のための調査工事を25年度予算で行うとの事
少なくとも1個飛行隊は三沢配備で確定の模様
(F-2部隊はどちらかが移動?那覇の航空団化も含めて戦闘機部隊の大きな移動も予想される・・・)
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2013年01月29日 22:31 | Comment(0) | Military News | 編集

2012年12月12日

Thunderbirds

2013年秋にThunderbirdsがPACAFツアーを行う模様

公式HPのスケジュールによると
---------------------------------------------------------------------------
Aug 24, 25: Joint Base Pearl Harbor-Hickam, HI
Aug 28: Andersen AFB, Guam
Aug 31, Sep 1: Clark Field or Subic Bay, Philippines (TBD)
Sep 5: Bangkok or Chiang Mai, Thailand (TBD)
Sep 10: China or Singapore (TBD)
Sep 14: Kadena AB, Okinawa, Japan
Sep 18: Kunsan AB, Korea
Sep 21: Osan AB, Korea
Sep 25: Misawa AB, Japan
Sep 28: Yokota AB, Japan
---------------------------------------------------------------------------
の予定となっている
嘉手納と横田は土曜日,三沢は水曜日で,日本国内で見るのはなかなか難しいスケジュールではある・・・
一番フライトしやすい三沢が平日,嘉手納/横田は公開云々よりそもそも飛べるかどうかすら怪しい^^;

12/13 12:45更新
現在の時点で上記の日程は全て【Aug 22-Sep 30 − Pacific/Asia Tour-dates and locations TBD】と差し替えられている
まだ出しちゃいけない内部調整中の日程出しちゃったねきっと^^;
posted by minuteman3 at 2012年12月12日 17:16 | Comment(4) | Military News | 編集

2012年09月07日

平成25年度予算概算要求

この時期恒例の来年度予算概算要求
いつものように主要装備品を中心に・・・全容はリンクから
我が国の防衛と予算−平成25年度概算要求の概要−(PDF:2.9MB)

航空自衛隊
航空機の新規購入はF-35とUH-60Jが2機づつのみ
F-15の近代化は6機分,自己防御能力向上が1機分
F-2は空対空戦闘能力向上が12機分とJDAM機能追加が11機分
E-767の能力向上用の部品購入が1式

海上自衛隊
艦船は護衛艦(DD)が1隻だが「あきづき」型ではなく新型艦で
かつて「あすか」で試験をしていたCOGLAG方式の推進システムを導入する模様
そして潜水艦が1隻(そうりゅう型9番艦)と掃海艦が1隻,護衛艦・潜水艦・補給艦・LCACの艦齢延伸工事や部品の取得が多数
航空機はP-1×2,SH-60K×3,MCH-101×2,US-2×1,T-5とTH-135が3機づつ新造と,昨年同様SH-60Jの機齢延伸が2機分

陸上自衛隊
10式戦車×16,99式自走155o榴弾砲×8,軽装甲機動車×44,96式装輪装甲車×13,87式偵察警戒車×1,NBC偵察車×2
その他火器,誘導弾は例年通り減耗補填や更新などで多数の調達
航空機はUH−60JA,CH-47JA,AH-64Dがそれぞれ1機づつ
防衛省の予算ではなく,東日本大震災復興特別会計でF-2Bの追加修復が行われる模様

研究開発ではFH70の後継装備として「火力戦闘車」の開発を始めるようで,
現在は車両牽引式であるFH70から重装輪回収車の車体に99式自走155o榴弾砲の砲部を乗せたような装輪式の自走砲になる予定。

ちゃんとした予算になったらまた記事にでも
タグ:防衛省
posted by minuteman3 at 2012年09月07日 23:56 | Comment(0) | Military News | 編集

2011年10月15日

C-130R

YS-11後継機決定
海上自衛隊YS−11後継機の機種決定について

C-130中古機を導入すると9月始め頃だったかに報道されていたが,
ほぼその通り米海兵隊が使っていたKC-130Rから空中給油機能を外し「C-130R」として6機導入する事に決定
1機20億円程度,20年程使えると言う事で150億円が3次補正予算で要求されるとのこと。

ちなみにKC-130Rは空自も使っているC-130Hがベースの海兵隊向け空中給油輸送機で
海兵隊からはKC-130Jの配備で退役済,14機製造で1機墜落し残る13機は保管中。
B/Nは海外のリストを読むと160013〜160021(160021は墜落),160240,160625〜160628(160625,160626は解体?)

新造機は60〜70億円ほどするらしいのでやはり予算の壁は厚かったと--;
新造だと退役に間に合わないらしいが,それが事実かどうかは公表されるわけではないし,
米軍に中古の出物を問い合わせたらそれなりに使えるものがあったから中古機と言う結論に至ったのだろうが・・・
限られた予算と海自の人的リソースを考えるとこれが妥当な選択ではあるのだが,
部品の調達やらを考えると実際はどうなのかな?と勘繰ってみたりする^^;
posted by minuteman3 at 2011年10月15日 03:58 | Comment(2) | Military News | 編集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。